HOME > WORKS > 猫のための小窓がある家@草津
FOR MYHOME

Hiroshima-草津

物件名
猫のための小窓がある家@草津
所在地
広島市西区草津

心地よい風の吹き抜けるマンション。
猫と一緒に暮らす、Tさんのおうちです。

 

 

新築も含め、いくつもの物件を見た中で、
「はじめてしっくりきた」のが今のマンションでした。

とはいえ、壁も天井もファンタジーな雲柄だったのには
さすがにびっくり。

 

「でも、リノベーションで変わるのが想像できたし、
住み慣れた地域だったのと、
玄関が広いところが気に入って決めました。」

 

お仕事が忙しく、リノベーションのプランや工事は
ほとんどRenoЖRenoにお任せだったそう。

 

「RenoЖRenoさんは不動産の知識もおありなので、
銀行の方にびっくりされるくらい、
段取りよくサポートしていただきましたね。

工事もスピーディで、そこは本当に助かりました。」

 

 

Tさんの大切な家族は、娘さんと、猫。
カフェ勤務の娘さんは、羊毛や布を使った
ハンドメイド作品を、雑貨店に委託する作家でもあります。

 

とっても仲良しの母娘。
お二人の個室のドアは、おそろいのステンドグラスが。
「いつもドアは開きっぱなし」なのだそう。
双子みたいに仲良く並んだドアが、ほほえましいのです。

 

「住んでみて、あちこち使うたびに
“ああ、よく考えられているなぁ”って実感するんです。」
と、Tさん。

 

手持ちの家電がすっきりと収まる、キッチンカウンター。
ロングブーツも入る、大きな靴箱。
2人分の衣類がぎっしり入る、ウォークインクローゼット。

 

 

ところで、猫ちゃんが見えませんが・・・?

 

「とってもシャイで、お客さんが来ると絶対に出てこないの。」
と、目を細めるTさん。

 

おっとり屋さんの黒猫 ミー太くんは、
野良だった母猫が産んだのを引き取って育てた、
この家の長男くんなんです。

 

 

そんな大切な子どものような存在だから、
リノベーションにも猫ちゃんのための工夫がいっぱい。

 

個室をつなぐ壁には、猫ちゃんが行き来できる小窓を。
床は、汚れとキズがつきにくいフロアタイル。
ベランダには、万が一飛び出しても落ちないように
高い柵をつけています。

 

「猫がいるから、椅子がボロボロでしょう?」と
困り顔で、でも、可愛くてしかたないという表情で、
Tさんは笑います。

「こまかいことをするのが好きなんですよ」と
娘さんの作品の写真を見せてくださるときも、
同じ表情をされていました。

 

そうおっしゃるTさんも、手仕事好きな方。
余り板で小さな本棚をつくったり、
クッションカバーを縫ったり。

 

 

好きなもの。大切にしたいもの。
心地よくいられること。

 

それらをひとつひとつ丁寧につくっていくことが、
おうちづくりの楽しさなのかもしれません。



2013.6 取材
カメラ/caca
インタビュー&文/さよっこ

 

☆フォトブックできました。どうぞご覧ください。