HOME > WORKS > あたたかさをつくるおうち@己斐上
FOR MYHOME

Hiroshima-己斐上

物件名
あたたかさをつくるおうち@己斐上
所在地
広島市西区己斐上

ぐるぐると坂を上がった高台にある、マンションの一室。
Aさんのおうちは、訪れた人が思わずくつろいでしまう
あたたかさがあります。



 

 

以前は、賃貸マンションに暮らしていたご夫婦。
奥さまのお腹の中には、新しい命が育っていました。

そろそろマイホームを、と考え始めたお二人が選んだのは、

“新築を買ってコスト面でいろいろ妥協するよりも、
 中古住宅を自分たちの好きなようにリノベーションすること”

 

リフォーム・リノベーション会社をネットで探す中、
お二人の好きな雰囲気だったのが、RenoЖRenoだったそう。

 

「木がたくさん使ってあって、あったかみがあるのがいいなって。
 オープンルームに行ってみたら、やっぱりここ(RenoЖReno)の
 デザインがいいねって主人とも意見が一致しました。

 

 それと、社長さんが女性っていうのもポイントでしたね。
 女性目線でつくられているから住みやすそうだし、
 私からも話がしやすいかなって。」(奥さま)

 

 

 

こうして、RenoЖRenoと一緒に物件探しが始まりました。
住んでいたところのすぐ近くに見つけたこのマンションは、
築20年とは思えない、きれいな外観だったそう。

 

「それが、中に入ってみてびっくり(笑)
 汚れた絨毯が敷かれたままだったから、正直言って、
 “ボロい”って・・・(笑)

 

 でも、リノベーションできれいになるイメージが
 主人の頭の中には、あったんじゃないかな。」(奥さま)

 

リノベーションについて希望したのは、
木を使ったあたたかみのある雰囲気と、子ども部屋の位置。
廊下とリビングをつなぐドアの位置を変えることで、
キッチンにいても子ども部屋が目に入るように。

 

和室をなくし、キッチンの壁も壊して
ひと続きの広いLDKに。

ウォークインクローゼットを2部屋つくるなど、
暮らしやすいように収納も工夫しました。

 

コストを抑えるため、床のオイル塗りや、
キッチンカウンターに足場板を貼る作業は、ご主人自ら。
結果として、家族の良い記念になったそうです。

 

 

 

お引越し後、元気な男の子
遥(はる)くんが誕生。
新しくはじまった3人の暮らしは、いかがですか?

 

「やっぱりLDKがひと続きなのが、いいですよね。
 どこにいても、子どもに目が届くので。」(ご主人)

 

「遊びに来た友人たちが、“カフェみたい!”って
 言ってくれるのが嬉しいですね。
 キッチンの奥にある小窓とか、ちょっとしたところもお気に入りで、
 好きな空間だから、心にゆとりが出ますよね。」(奥さま)

 

 

きらきらの目をした遥くんが手を伸ばす先には、
カラフルなモビールが。
遥くんの好きなカラフルな乗り物が、ゆらゆら揺れています。
なんと、ご主人のお手製だそう。

 

「なんでも買う前に“作れないかな?”って考えるんです。」(ご主人)

 

壁の飾り棚も、ネットでつくったベビーゲートも、
ご主人がささっと作られたもの。
ソファに置いてあるクッションのカバーは、奥さまの手づくり。

 

 

物を持ちすぎず、手を動かしてつくりだしていく。

 

そんなAさま家族の“豊かな暮らし”が
このおうちのあたたかさをつくりだしているのでしょう。

 

 

2013.6 取材
カメラ/caca
インタビュー&文/さよっこ

 

 ☆フォトブックできました。どうぞご覧ください。