HOME > WORKS > ガレージのある家@井口鈴が台
FOR MYHOME

Hiroshima-井口鈴が台

所在地
広島西区井口鈴が台

くねくねと坂道を登ったところにある、レトロなマンション。

ここに住んでいるのは、バイクと音楽が趣味という・・・・・・「女子」なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルさんみたいな長身の美女・Mさんは、かなり「男前」な性格。

18歳で一人暮らしを始めてから十数年。

OLとして働くかたわら、バイクで行った場所は、数知れず。(ときには海外へも。)

ライブハウスでギターを弾き、アングラなROCKを歌う。

友人たちからは「丸くなった。昔はもっとトゲトゲしてた。」と言われるそうですが、

競争心や向上心が人一倍強いところは、今も変わらず。

 

 

そんなMさんが以前住んでいたのは、賃貸マンションの一室でした。

たとえば、「ここに棚が欲しい」と思ったとき。

釘が刺せない。接着できない。

「“本気で”出来ないってことが、けっこうなストレスだった」のだそう。

 

なんとなく、賃貸の家賃を払い続けることが

もったいないなぁと感じていたMさんは、

新築のマンションを見に行ったりもしました。

 

でも、そこで感じたのは、

「自分で工夫するスキがない」ということ。

 

かといって、手の届く範囲の中古物件は、

どれも「中途半端にダサイ!」。

 

 

そんなときに、たまたま、

RenoжRenoの撮影にモデルとして参加することになったMさん。

「中古でこんなことができるんだ!」と目からウロコだったそうです。

直後にこのマンションと出逢い、即、RenoжRenoに相談することに。

 

 

決め手は、なんといっても「専用ガレージがあること」。

以前のおうちでは、駐輪場に停めたバイクに傷がついていたり、カバーを盗まれたり、

散々な目に合ったのだそう。そんなストレスから解放されるには、ガレージが必須だったのです。

 

Mさんのおうちには、いつも乗っているものとは別に、

もう一台バイクがあります。

 

リビングの特等席、
ステンドグラスをはめこんだ壁の前に置かれているのは、
18歳のときに初めて乗ったバイク、“vespa”。

 

ずっと雨ざらしだったのでかなり傷んでしまったけれど、
そして今さら直して乗るわけでもないけれど、
ずっとずっと離れられない、大切な宝物。

 

 

「おうちの中でいちばんお気に入りの場所は?」と聞いてみたところ、

考える間もなく、「ガレージ!」と即答でした。

「バイクを自分のテリトリーの中に入れられるってことが、すごく嬉しい」と笑うMさん。

 

 

「あとは、“ここにコレがほしい”ってわがまま言って造ってもらった

ワインラックとか、タオルバーとか・・・物に定位置があるから、散らからない。」

 

きっちり屋さんでお料理上手なMさんも納得の、こだわりキッチン。

レトロなホウロウのキッチンをそのまま生かしつつ、使い勝手をアップさせています。

“女子会”で集まる友人たちからも好評なのだそう。

 

古いマンションならではの、コミュニティも魅力のひとつ。

なんと、一部屋につき一区画、もれなく小さな畑がついているのです!

住民はそれぞれに、思い思いの野菜や花を植えて、育てています。

そんな中で、顔を合わせれば自然に挨拶する。干渉はしないけれど、気に掛け合う。

そんな人と人とのつながりが、ここにはまだ残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに永住するかどうかは、まだ分からない。

でも、「とりあえず」住むための家では、満足できない。
そんな複雑な女子の思いにぴったりとフィットするおうち。

 

ジャンクな足場板を使ったキッチンカウンターやローテーブルは、
「もしいつか引っ越すときには絶対に持っていく!」と決めているので、床や壁に固定していません。

「これから、パートナーが見つかるかもしれないし・・・ね。」
と言うMさんの笑顔は、少女のように愛らしいのでした。