HOME > WORKS > 次のSTEPへ@古江
FOR MYHOME

Hiroshima-古江

物件名
次のSTEPへ@古江

成人した子どもたちが家を巣立っていくとき、
家族のライフスタイルは新しいステージを迎えます。

ビジュアル的センス、バランス感覚が抜群のKさまご夫妻が選んだのは、
「Ashiba(足場板)」をふんだんに使ったデザイン。
ペンキの飛んだ跡も、キズも凹みも、深い味わいとして
お部屋全体のアクセントになっています。

造りつけのTVボードには、レトロな花柄のガラスを使って
重厚感のある足場板との絶妙なバランスに仕上げています。
2つある個室のドアにも、同じ花柄ガラス窓をはめこんでアクセントに。
窓際につくった小さなワークデスクには、アイアンの脚を使いました。

リビングの壁一面に造りつけたのは、足場板のドアで目隠しした大収納。
ごちゃごちゃしがちな生活用品のアレコレを、しっかり隠してくれます。
なんとびっくり、ここにお仏壇も入っているなんて、想像つきますか?
和室をなくしたので、リビングがぐっと広くなりました。
個室にもたっぷりの収納をつけています。
スッキリ暮らすコツは、なんといっても「収納」なのです。

キッチンには足場板を使った大きなカウンターを設置。
業務用ステンレス仕様がかっこいい「TOYOキッチン」との相性もばっちり。
もともとシンク前の壁はタイルでしたが、お掃除のしやすさを考えて
キッチンパネルに変えました。
毎日のお料理タイムを、楽しく、効率良く。

これからどんなふうに暮らしたいのか?を
家族でじっくり話し合いカタチにしたKさま邸。
次のSTEPへ、家族とともに、新しい第一歩を踏み出したおうちです。
「ずっと欲しいと思っていた」アラジンのストーブを囲んで、
今夜も会話が弾みます。

 






【こちらからアルバムをご覧いただけます】